スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーンストーン

ペリステライトのカボション。
こちらは、巻いたら淡水真珠のネックレスと合わせる予定です。


RIMG3104.jpg



やはりワイヤーはシルバーでしょうか?
ちょっと迷う・・・。

オパールのピン・ブローチはおかげさまでsoldとなりましたので、今度はピンクか赤系の石でお出ししようかと
考え中です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、娘と一緒に、都内の本屋さんとスタバが一体化したお店に行って、娘に教えてもらった本。


9784047286832.jpg


ソイラテを飲みながら、のめり込んでしまった・・・。
結局、帰宅後アマゾンで注文。

「汚屋敷」出身ながら「捨て」に目覚めた著者は、自分のことを「捨て変態」と呼んでおり、スゴイものを捨てることを
「K点越え」と名付けているのですが、
私と娘は
「K点は越えなくてもいい、そのはるか手前でOK」
ということで意見が一致しています(著者のK点越えのひとつ・・・卒業アルバム(・∀・i)

もうひとつ大事なのは、著者も言うように家族の物は勝手に捨てない、ということで、

たとえば私の母は、物を極力減らしてきっちり片づけるタイプの整理魔で、家はいつ誰が来ても恥ずかしくないくらい
片付いています。
昔から、
「これ捨てていい?」
ときかれて
「いいよ」
と答えるとものすごく嬉しそうな顔をする人でしたが
(その割に「aちゃん、厚紙持ってない?」などとしょっちゅう言ってくる)、

私が高校生の頃、引っ越しの時に、あの人は私のたこ焼き器を勝手に捨てました( ゚Д゚)

私が買った、憧れの鉄のたこ焼き器・・・・甘いものも作ったりしていたのに・・・。

その恨みは今でも忘れない。
というくらいですから、人の持ち物を捨てるのには、いくらゴミに見えても気をつけなければなりません。

ちなみに夫の母は、なんでもかんでもとっておいて、それをきっちり片づけるタイプの工夫整理魔ですが、整理魔の子供は整理下手になるのかしら?

この本では、「素敵なものを少なく持つ」という信念のもと、著者が選んだ物が紹介されていますが。
これが欲しいーーーー
1504-01-2.jpg
これね、ソーイング・ボックス。
でもこれに、アクセサリーの道具を入れたいーーー
買いたいーーー
その前に何か捨てなくては^^;

コメント

No title
私は、akiさんのお母さんタイプかも。
息子のものは、けっこう勝手に捨てるけど、
娘と夫には、一応聞いてから捨ててるかな。
夫は、ボロいTシャツとか大事にとってたりするのよねー。
ちょっとイラっとするから、小さーくたたんでタンスの奥に入れてやるんだー。
No title
mihoさん
断捨離好きだって言ってたものねーー
片付いてそう。
私はお掃除はするんだけど、整理は下手で^^;
整理下手は物を減らすしかない、って今頃気がついた…遅!
うちの夫も、勝手に捨てられると嫌がるけど、片付け魔の息子なので整理には協力的。
ただ、私の手の届かない高いところに物を片付けるのだけはヤメテーーー!

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。